スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポコとのお別れ・・・

みなさまに悲しいお知らせをしなければなりません。



我が家の愛犬ポコは、7月28日午後12時30分、息をひきとりました。



老衰でした。



推定年齢16歳と10か月。  大往生だと思います。



その日のことを書かせてください。 スルーしたい方はどうぞ。



いつものように、朝8時ごろ「ポコ、行ってくるからよ。」と仕事に出かけました。
そして、いつものように昼休憩の12時25分ごろ「ポコ、帰ってきたからよ。」とリビングのドアを開け声をかけました。
すると、ポコは寝ていた体を上半身上げ私の方を見ました。 あ~今日は少しマシだなと思い、「着替えてくるからよ。」と行って着替えて手と口を洗い、ポコにお水をあげようと注射器で口元にもっていいたら、もう息をしていませんでした。
「ポコ、ポコ、・・・・何度も呼び、ゴメンよ、お母さん着替えに行かなければよかった。そのまま抱きしめればよかった。ちゃんとポコを見てればよかった・・・・・」 もう後悔です。
ほんの5分程の間にポコは逝ってしまいました。
悲しくて、悲しくて・・・
そのあと、すぐ家族に連絡し、ポコを洗いました。
ポコを洗っている間、目がピクッと動いたり、シッコやウンPが出てきたりしたので、まさか生きている?と、「ポコ、ポコ」と呼びましたがやはり心臓も止まっているし足が硬直しはじめたので、冷静にあ~やっぱり死んじゃったんだなと思いながら、最後のシャンプーをしました。
ドライヤーで乾かしている間にも、ウンPが出てくるので、綺麗にし綿を詰めました。


最期の時、逝ってしまうとわかっていれば、もっと傍にいたのに・・・悔やんでも悔やみきれません。


でも、ポコは仕事から帰ってくる私を待っていてくれたんだな、辛かっただろうに、私を待ってくれてたんだと、ポコはよくがんばったんだと・・・もし仕事に行ってる間に亡くなったりしたら、私がもっともっと悲しむと思い、待っていてくれていたんだと思います。



ポコが実際に寝込んだのは5日ほどでした。
もう何も食べていませんでした。
お水は3日前までお水のところに連れていけば飲んでいました。
お散歩も3日前まで行って、途中抱っこしながら帰ってきてました。
何を口に持っていっても食べないのに、私たちが食べるころ起き出してきて食卓の側に来るんです。
おいやん(夫)と「食べへんのに来て、食べたような気になって満足したんかな」 などと言ってました。



亡くなる前の日、かかりつけの先生のところにポコをべッドごと連れていきました。
先生は「大分悪いですね。どうされますか?」
私は「少しでもポコの苦しさを取れるような注射をして下さい」
ポコは肺水腫を起こしていたので、気管支拡張剤と利尿剤の注射をしていただきました。
その日、朝からお水を飲めない状態だったので注射器(針なし)を分けていただき、それでポコを寝た状態でお水をあげ、抱っこしてトントンと背中をたたくようにしていました。
亡くなる日の朝4時ごろ「クンクン・・・ワン!ワン!ワン!ワン!」と力強く鳴き始めたので、隣の部屋で寝ていた私はポコを抱っこして「大丈夫やで、お母さんいてるで」というとポコは白内障になった白い目で私をジーーーっと見ていました。
その時の顔が今でも目に焼き付いています。 今思えば、あれがポコを抱っこした最後となりました。
こういう日がまだずっと続くと思っていました。
でも、今冷静になって考えてみると、食べていないのに無理ですよね・・・点滴で生きながらえることはしたくなかった。ポコが辛い時間が伸びるようで、以前から延命治療は選択肢にはありませんでした。
だから前日も、病院での点滴は、ポコのストレスになると思ったで注射を選びました。


今思うと、ポコは苦しまずに眠るように亡くなったのが何よりだと思います。
ただ、私が最期にポコの傍にいなかったのが心残りで、今もその悲しみから抜け出せずにいます。



ポコ20160711
☆7月11日撮影☆



ポコの最後の笑顔の写真です。
年老いてくるたびに写真の数はぐっと減ってきます。



この頃は、玄関のおいやん(夫)手作りのスロープをひとりで降りれなくなっていました。
それなのに、私がお昼休憩に帰ると、玄関のタイルの上にウンPまみれになって立っていたことがありました。
玄関を開けるとプーンとすごいニオイで・・・でもポコに「ひとりで降りたんか」とそれまでウンPは外でしていたので、ポコなりに考えたのでしょう、ここなら掃除しやすいと思ったのでしょうか。ポコが愛おしくて愛おしくて・・・




昨日、おいやんとポコを火葬してきました。




ポコ20160730




火葬している間、離れることができませんでした。最期のことがあるから余計に・・・
1時間後、係の人からお骨について説明がありました。
頭蓋骨でのどぼとけで・・・骨は綺麗で特に悪いところは見当たらないということでした。
ただ足に手術の跡があって金属が残っていました。
そう言えば、ポコは3歳で保護団体から我が家来たので、それまでのことはわからないのです。
そうか。ポコ足に手術してたんやなと初めて知りました。




写真は以前作ったものです。
かかりつけの先生と保護団体の人、親しい友人・・・にポコの死亡をお知らせし、ポコの最期の話をきいて頂いて、私の気持ちも少し落ち着いてきました。



ポコは最期の最期まで精いっぱい生きました。 素晴らしかったと思います。
私も今はポコを失った悲しみの中にいますが、これからどんな人生になるかわかりませんが、私の人生を全うするからね。
ポコちゃん、それまで虹の橋で待っていてね。



ポコを愛していただたみなさま方、本当にありがとうございました。














スポンサーサイト

テーマ : 老犬・高齢犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ポコちゃん お疲れさま。
最期まで がんばってくれましたね。
あたたかな ご家族に 支えられ 大往生 でしたね。
いつも にこにこの 笑顔で
おサンポや お庭の 警備を 楽しんでた ポコちゃんを
ずっと 忘れないよ!
パパさん ママさんも ゆっくり 休まれてくださいね。
ご冥福を お祈りいたします

No title

遅くなりましたが、ポコちゃんのご冥福を心からお祈り致します。
飼っている以上、お別れはやってくるもので・・・それを考えると辛いものがあります。
我が家も1歳半のポメラニアンを病気で亡くしました。ぽきなとるきちのパパです。
心臓が悪くて、よろよろしながら歩いていた事、黒い便をしていた事・・・色々頭に過ります。
最後は、私が見ている中で息を引き取りましたが・・・ただただ涙でした。
ポコちゃんも大事にしてもらったことわかっていたと思います。
最後に挨拶のつもりで頭をあげてくれたんでしょうね。

いつも我が家のぽすけを見てるようで気になっていたポコちゃん、お空でたくさんのお友達と遊んでね!!

No title

ポコちゃんお疲れ様でした
毎日の可愛い姿と笑顔で沢山の癒しをありがとう
ずっと忘れません

心よりご冥福をお祈いたします

No title

ママさん、パパさん、そしてポコちゃん、おつかれさま
コメントを。。。と思いながら、何を書いたらいいのかと。。。
今年はブログストーカーしていたコたちが天使になることがおおくて、、、、
いつも、きれいなお庭でホッコリして、ポコちゃんのことみてウフフして。。。ありがとうございます

また、落ち着かれましたらブログ続けてくださいね

No title

遅くなりました。

ウチの子もほぼ同じ年なのでポコちゃんの事はずっと気になっていました。
とても残念でなりません。

ポコちゃん、安らかにお眠りください。

No title

ポコちゃんお疲れさまでした
頑張りましたね
いつもかわいらしい笑顔をありがとうございました
安らかにおやすみください

ポコの母さん、遅くなってすみませんでした
おっしゃるようにポコちゃんは帰りを待って顔を見て安心して旅立ったのだと思います
私の周りにもずっとそばにいたのにほんの数分離れた瞬間に逝ってしまったという人が複数人います
もしかしたらそういう本能みたいなものがあるのかもしれませんね
さぞお心落としのことと思います
たくさん泣いてあげていいと思います
私も涙があふれてしまいます
みんなポコちゃんのこと愛していました
ポコちゃんは幸せでしたね
これから暑い暑い季節ですから、お体ご自愛ください
ポコちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます


涙、なみだ、涙です。

こんにちは
ポコちゃん、天国へ逝ったんやね。最後まで頑張った様子が伝わってきます。お母さんの帰りを待って天国へ、素晴らしいポコちゃんに感嘆です。ポコちゃんのお母さん、最後まで面倒を見て「後悔をすることは」ポコちゃんに怒られますょ。大事に大事に大事にされて本当にありがとう♪のポコちゃんの声が聞こえてきます。お母さん、確り生きて下さい。ポコちゃんが見守ってくれています。(合掌)

はるは、七夕の前の日の7月6日、エアコンの効いた部屋で静かに息を引き取りました。楽しかった16年半でした。7月19日付の徳島新聞の読者欄に「はるのこと」投稿して採用されました。ブログ、7月19日頃、落ち着いたらまた、見て下さい。

No title

ポコちゃん~~寂しいよぉ……
シェリコと双子のように感じていたので
読みながら涙が止まりませんでした。
ただただご冥福をお祈りするばかりです……😢

ポコ母さん、お疲れさまでした。
まだ気持ちの整理ができないでしょうが
少しずつでいいですから元気を取り戻してくださいね。

No title

ポコちゃん、
いっぱいいっぱい幸せだったと思います。
最期まで頑張って大往生だったんですね。
ママさんを見たのは、じゃあ、天国に行ってくるね、の
ご挨拶だったのかな。
ポコちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ポコちゃん

お久しぶりです。


そっか。
ポコちゃん虹の橋に行ったのね(;_q)

大往生だよね。
本当すごいすごい!

トイレも頑張って玄関でやってしまう姿
ラッキーと似ていて思い出しました。
お家でできない子は
外に繋がる道へと行きますね(^^)

お利口さんだよね。

最期の時
抱き締めてあげれなくても
お母さん帰ってきた~って嬉しい、安心した気持ちで
逝けたんじゃないかな。
嬉しいね、呼んだら顔あげてくれたりさ。

ポコちゃんお疲れ様😌💓

ラッキーに会ったら遊んであげてね~❤

心よりお悔やみ申し上げます。

No title

お久しぶりです。PCが使え無いのでiPadから書いてます。 ポコちゃん…あれからしばらく立ちましたね。 シェリコも11月7日の夜中に虹の橋🌈を渡って旅立ちました。 そちらでお会いしているかしら❓ もし会ったら一緒に遊んでね。 ポコ母さん長い間ありがとうございました。 今では毎日懐かしく思い出しています。(シェリコの1日より)

ポコちゃんありがとう♪

おはようございます。
ポコちゃんとの別れの年、忘れられない年になりました。

年末年始の何かと忙しい時期、明日から明年1月10日頃まで掲示板そしてブログを休みます。宜しくお願い致します。

今年1年、お付き合い有難う御座いました。少し早いですが「良いお年を
お迎え下さい。」

尚、喪中(10月に妹が永眠)につき新年のご挨拶は失礼させていただきます
プロフィール

ポコの母

Author:ポコの母
ブログにお越しいただきありがとうございます。
推定年齢16歳で7㌔弱のメタボなポメラニアンのポコを飼っています。
ポコの様子や飼い主の趣味やフォト、ハイビジョンムービーを紹介したいと思います。

You Tube ポコハイビジョン
フォトライブラリー☆
ポコの母が撮った写真を販売中です!(約400枚。フリー素材あり。)
フォトライブラリー 
ポコの似顔絵☆
大泉まちさんの絵1   大泉まちさんがポコのために書いてくれた絵です。
最新記事
カテゴリ
共立製薬㈱
1005.jpg 
Cool Dog Site Of The Day受賞☆

 

21.11.17クール・ドッグ・サイト・オブ・ザ・デイ・ジャパン受賞サイト  

最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。